第一部 少青年時代     

  


松蔵

 

  司馬遼太郎の小説「峠」に、主人公の河井継之助と共に最後まで登場するのが、忠実な従僕

の松蔵です。

河井継之助が「松蔵や、ながなが、ありがたかったでや」と死ぬ直前にお礼をいわれた人で、

河井継之助の入る棺を、本人から命じられて泣く泣く造ります。

また、河井継之助が小千谷会談に行く際にも、松蔵はお供として付いていきます。河井継之助

が亡くなってからは、その命日には墓参りを欠かさなかった律儀者でもあります。

 ところで、この松蔵の歳なんですが、皆さんはいくつだと思いますか?

私は、河井継之助が当時42歳ですから、それより上の50歳台とばかり思っていました。小説で

はそういうイメージを持ち続けてきました。

ところが実際は、河井継之助よりも10歳以上も若いのです。しかも、身長も高く美男子だった

そうです。(^-^)

これではテレビなどでは困ってしまいますね。なにしろ、主人公の河井継之助よりも格好良い

のですから、主人公の人気をみんな食ってしまいます。

 現在では、律儀者とか忠義者とかが似合う若者は少なくなったような気がします・・・・

・。(^_^;

  松蔵は河井継之助に仕えるまでは、藩主やその家族の陸尺として働いています。

陸尺とは駕籠かきや掃除などの雑役を行う人のことをいいます。

この松蔵が若殿夫人とまちがいを起こしてしまって、切られる処を河井継之助に助けてもらっ

たのだと言われています。このことは、松蔵が悪いのではなく、若殿夫人(つね姫)の方にその

責めがあるため、河井継之助は藩主と掛け合い、命を助けたともいわれます。つね姫は才媛で

美貌、そして我が儘だったそうです。

 いずれにしても、これ以降松蔵は、河井継之助にとって忠実な従僕となります。

小説「峠」のあとがきでは、官軍が迫っているので皆が気が気でなかった中で、火葬にした河

井継之助の骨をたんねんに拾い上げますが、その時、松蔵が言った言葉を紹介しています。

「あのような旦那様でございますもの。もし骨の拾い方が足りないで、これ松蔵や、貴様のそ

こつなためにおれの骨が一本足りぬ。などとあの世にいってから叱られては松蔵は立つ瀬はご

ざいませぬ。」

うーーん どうしても29歳(?)の人の言葉とは思えません。(^_^;

 松蔵は拾い集めた河井継之助の骨を骨壺へ入れます。その際、骨壺は二つ用意しました。骨

を入れたもの以外に、土を入れた偽物を造ったわけです。

官軍が迫っていますので、もしもの場合は、偽物を渡してその場を逃げ切りたかったためとも

言われています。また、二つ用意したのは、松蔵の機転だったとも、河井継之助の命に依った

為とも言われます。

その骨壺を持って会津へ行き、遺骨は建福寺に安置されました。翌日の8月22日に葬儀が鶴が

城中にて、長岡藩主の他に松平容保や会津藩の重臣も出席の上、執り行われました。

 松蔵は、会津が落城した際に河井継之助の遺骨が敵兵によって踏みにじられるのを恐れ、建

福寺の墓には偽物の骨壺を入れ、本物の方は山中の松の木の下に隠しました。

後日、敵兵が会津を占拠した際には、墓を倒して発掘したが、遺骨を見ることが出来ずに、河

井継之助はまだ生きているのかと疑り、また攻められるのでないかと恐れたそうです。松蔵は

その時囚われて獄舎にいましたが、その話を聞き、それ見たことかと大笑いしたそうです。や

ったね! v(^・^)v

 後に兵火が収まってから、松蔵はその遺骨を掘り起こし、長岡に持ち帰り、河井継之助の妻

「すが」に手渡したそうです。河井継之助のその遺骨は、長岡の栄涼寺に埋葬されました。

長岡の河井継之助の墓は、長岡の人々から、この悲惨な戦争を招いた張本人だとされ、むち打

たれ、足蹴にされ、転がされて、痛みがひどかったそうです。

このような状態だったため、河井継之助の妻や母は、長岡に住むのを諦めねばなりませんでし

た。

 松蔵は、明治になって姓を木川としたが、この「川」は河井継之助の「河」とするはずだっ

たのを、役場へ届ける際に間違ってしまい、木川となったと言われます。

ちなみに、松蔵は大正8年81歳で亡くなりました。

 司馬遼太郎は「峠」では松蔵を、見事な武士河井継之助に使える理想的な従僕の姿として描い

ています。

そのため司馬氏の「峠」では、松蔵は「この河井家の隠居の代からつかえている若党は、封建美

徳のすべてを煮つめて手足をつけたような男で、河井家と継之助だけをいのちのたよりに生きて

いた」(「峠 下」平成7年版新潮文庫P165)と紹介されています。 その後に松蔵の忠義の凄

さを語る話しとして、継之助が若気の至りで、松蔵の大嫌いな大福を無理矢理3つも食べさせる

話しを書いています。継之助はその出来事により松蔵の人間としての凄さを感じるようになり、

それは時には「おれも松蔵の忠義にはかなわない」(峠 下」新潮文庫P166)と思うほどです。

やはり司馬氏の「峠」の松蔵は、長年河井家に使える律儀でそれなりに年輩の人でなければなら

なかったのでしょう。 

 

2 少年時代

 

  河井継之助の名前の呼び方ですが、「継之助」は「つぐのすけ」「つぎのすけ」と二通りの

呼び方をされています。

ちなみに、手許の主な本を見てフリガナを振っているのを書き出しても以下のようにバラバラ

です。フリガナの無いものも結構あります。

「つぐのすけ」としているもの。

会津士魂       早乙女貢 著 集英社文庫

河井継之助      芝 豪 著  PHP文庫

戊辰落日       綱淵謙錠 著 文春文庫

奥羽越列藩同盟    星亮一 著 中公新書

吏に生きた男 河井継之助 安藤哲也著 新潟日報社

日本の歴史16(明治維新)  中村哲 著 集英社版

「つぎのすけ」としているもの。

峠          司馬遼太郎 著 新潮文庫

河井継之助      童門冬二 著 人物文庫

闘将伝        中村彰彦 著 角川文庫

にいがた歴史紀行9(長岡市・古志郡) 古澤俊夫著 新潟日報事業社 

愛憎河井継之助    中島欣也著 恒文社

ふるさと長岡の人びと     長岡市(編集・発行)


 「河井継之助の生涯」(安藤英男著 新人物往来社)では、河井継之助本人が仮名を使った

文献がない以上、近親者がどう訓んでいたかに耳を傾けるべきであろうとして、妹や甥が「つ

ぐのすけ」と呼んでいたとして「つぐのすけ」を支持しています。

しかしながら、以前の河井継之助の臨時会議室では、子孫の方は「つぎのすけ」と呼んでいる

そうです、という書き込みもありました。(;_;)

また、「河井継之助」(稲川明雄著 恒文社)では、本来の通称は「つぎのすけ」と明確に書

かれてあ
ります。また、同書には本人は、「つぐのすけ」「つぎのすけ」のどちらで呼ばれて

も無頓着
であったとされています。

 只見の河井継之助記念館のビデオでは、「つぐのすけ」と言っていました。

 地元長岡市では、2001年8月から「歴史シンポジュウム 長岡歴史会談」を開催しています。

開催は、2005年10月で第5回になりますが、主に戊辰戦争から明治維新までを取り上げています。

こちらでは、「つぎのすけ」と呼ぶことにしています(2006年5月追加)。 


 多くの本?(私が読んだの数少ない本の中)では、河井継之助は母の影響が強く、父の影は

薄くなっています。今では父の影が薄いのはごく一般的な家庭かも知れませんが、当時として

はどうだったのでしょうか? 

ます屋の女将の言葉では、父君は、お人のよいばかりの人で、河井さんがあのように偉い人に

なったのは、お母さんの気性を受け継いだからでしょう、と言っています。

母貞子は、父の先妻豊子が亡くなってから河井家に嫁いできます。

継之助は7人兄弟の4番目として生まれますが、すぐ下の弟は早く亡くなりますので、男は継

之助だけとなり、河井家の跡取りとなります。

この母は、なかなか男勝りの性格で、女兄弟の中の河井継之助を甘やかさずに厳格に育てたと

言われます。

また、当時の武士の娘として珍しく算盤が出来て数字に明るかったと言われます。

河井家の財産管理も、母が中心となり行っていたと書いているものもあったような・・・・。

(^_^;

継之助が経済に才があり、後年藩財政の改革に取り組み成果を上げますが、これも母親の影響

が多分に現れているのでしょうか。

 継之助の少年時代は、強情で年中喧嘩をしていたといいます。また、悪戯も相当したようで

すが、それを隠し立てすることはなかったようです。

また、悪戯も自分が本当に悪いと思っていなければ、怒られても決して謝らない、強情さを持

っていました。大人から、悪さを見つけられて、謝れといわれても謝らずにげんこつを食らっ

て痛さのあまり涙をこぼしても、それでも謝らなかったこともあったそうで・・・・・。我慢

強いというか、強情というか、でもここまでやれれば立派としか言いようがないです。

今の学校なら、担任の先生も持て余すところもあったでしょう。(^_^;

まあー良い意味のガキ大将といったところでしょうか? 自分より大きな人ともよく喧嘩した

と言いますから、弱いものいじめをするような感じは無いですね。

後年の「気合い」は、子供時代の喧嘩から学んだところも多かったのでしょうね。

 さて、影の薄い人と思われている河井継之助の父ですが、武器役所頭取・勘定頭等を努めて

いますので、やはり普通の武士と比べれば、経済に明るかったのではないかと思います。また、

父秋紀は自宅に茶室を造り、刀剣の鑑賞を趣味としたり、書籍も相当程度持つ長岡の文化人で

した。

さらに有名な良寛とも交際があり、良寛が長岡まで来た際には、河井家にも立ち寄っていまし

た。

こういうところを見ると、父の秋紀もまた、なかなかの人物であったのではないかと思われま

す。当然継之助も、影響を受けたと思われます。

父がまだ若いときには、封建政治がまだ十分に機能していて、能力はあるのだが家格などによ

り活躍の場が与えられなかった。不満があったが、趣味に生き方の活路を見いだしたのではな

いだろうか・・・・と邪推してしまいます。能力があっても、低い家柄に生まれた人は、世に

出る機会はないわけです。

 継之助が世に出るまでは、温かく見守っていて、継之助が藩の政治の中枢にはいると、年輩

者の立場からその過激な政治を心配して、継之助との間がしっくり行かなくなったように思わ

れる節があります。

子供の頃、継之助が腕白で強情を押し通せたというのは、基本的なところでは、父親が好きな

ようにさせていたという側面もあるように思います(私の思いこみです)。  

 河井継之助はきわめて合理的な考えを持っていました。

これは後年の学問の影響もあるでしょうが、本人の持って生まれた性格でもあったのではない

かと思われます。

有名なエピソードですが、馬術を習った際に先生の言うことを聞かずに、いきなり走り始め、

馬術は走ることと止まることが分かればよいとうそぶくまことに扱いにくい生徒が河井継之助

でした。

私が思うに、この時の先生は、馬に乗る前に色々講釈が長く続いたのではないかと思っていま

す。継之助は、もったいぶった役に立たない講釈を聞きながら反発するところがあったのでし

ょう。馬術の基本はこうだから、それを早く教えろという気持ちが、その行動になったように

思います。私は馬には全くの素人ですので、見当違いかも知れませんが・・。もったいぶった

権威やうるさい形式等は、性格的に嫌いだったろうと思います。

河井継之助は長岡甚句の盆踊りが大好きでよく行ったのですが、この盆踊りには武士は参加で

きないことになっていたそうです。しかし継之助は、妹の浴衣を借りて、顔をほっかぶりで隠

して遅くまで町の人と踊ったということです。

頭の固い武士は、当然盆踊りには参加しません。ましてや妹の浴衣を着てまで、なんてとても

出来ません。このあたりも継之助の心持ちが、武士という枠組みに囚われない自由闊達なもの

であったことを伺わせます。

また、外山脩造等武士以外の人とも自然に付き合っていますので、サムライだけに人材はいる

等と了見の狭い考えもなかったようです。このことが後に、経済通になるのに繋がっていくの

だろうと思われます。

 

3 青年時代

 

 河井継之助は15才で、藩校嵩徳舘に入学します。

当時の都講(藩校の責任者?)は高野松陰(当時31才)でした。高野松陰は幼少の頃から英才

をうたわれ、江戸の佐藤一斎のもとで学び、塾頭も勤めました。

佐藤一齋塾の後輩には、佐久間象山、山田方谷がいました。後年、河井継之助がこの二人に学ぶ

ようになるのも決して偶然ではないのでしょう。

 高野松陰は、藩校では朱子学を表看板にしますが、陽明学も教えたようで、長岡に初めて体

系的な陽明学を教えたと言われています。

河井継之助も、この陽明学に大きく影響を受け、17才にして、鶏を割いて王陽明を祭るほどに

なります。継之助の学問のもととして、長岡の青年時代の写本がありますが、佐藤一斎「言志

録」は高野松陰から借りたものだそうです。

高野松陰の教える学問は、どうやら素直に吸収したようですね。(^_^;

馬術の時のような、へそ曲がりを彷彿とさせる話は出てきません。それとも高野松陰先生も大

部苦労して、ようやくまともに教えられるようになったのでしょうか・・・・。(笑)


 15才で藩校に入学した翌年の4月、継之助は元服し、秋義と名乗ります。

この頃から、読書をよくしたと言われますので、精読による読書法が採られつつあったのかも

知れません。

そして、20才頃より藩の祈祷所へ籠もり、気に入った本の写本に熱中することになります。

子供の頃から、自分が一番でないと気が済まない程負けん気の強い継之助のことですから、志

は大きく持ちながらも、藩の体制や自分の家の家格を考えたときに、大きな壁の存在に気が付

いたのではないでしょうか?しかしながら今、出来ることは学問であり、それが写本という精

読に繋がっていったように思います(単なる妄想)。(更に妄想を続けると)継之助は、基本

が分かれば応用は利くタイプのようですから、本の読み方としても精読が向いています。(^-^)

 そのことが、藩では表向には教えていなかった陽明学に、向かうようになったことと関係が

あるような気がします。俺には、みんなが学ぶ朱子学よりは陽明学の方が合っている・・・と

思ったほうが継之助らしい。(^_^;

  河井継之助は、越後の酸欠・・じゃなかった三傑として酒呑童子、上杉謙信、良寛の3人

を挙げています。(^_^)

越後の英雄としては、謙信はもっとも自然な感じがしますが、他の二人はいささか不思議な気

がします。(^_^;

この3人の内もっとも継之助の身近にいた人は、良寛です。良寛は、継之助がまだ子供の頃、

頭をなでられたり等と、実際に会った可能性があります。

また、父から幼い頃に、良寛の淡々とした生き方を訊いたこともありそうで、幼心にも惹かれ

るものがあったのかも知れません。

このあたりにも、継之助は父から強い影響を受けているような気が、私にはしますがどうでし

ょうか。

 さて、酒呑童子ですが、他の二人と違っていて実在しません。(^_^;

しかも活躍したのは、丹波大江山で京の美女を次々に誘拐する、大酒飲みの鬼なのです。毎日

美女のお酌で、美酒を飲む・・・む・・む・・羨ましーーーい。

酒呑童子の出身は越後といわれますので、越後の英雄となるのかも知れませんが・・・・。

酒と女が好きなところは、継之助に似ているところかも知れませんが、やはりこれは、彼のへ

そ曲がりが言わせた言葉なのでしょう。何か一つは、人の驚くことを言ってやろうとしたので

しょうね。どうだ、ビックリしただろう と言って面白がっているようにも思われます。v(^・^)v

 今回は、河井継之助と上杉謙信を比べて似たところを書きます(独断とこじつけアリ)。(^_^;

1 両者とも軍事的な才能が豊かであった。

 謙信は、戦国時代を代表する戦の名人でした。しかも、その作戦計画は、信玄が武将を集め

て作戦会議を開き、各武将の意見を聞きながら立てたのに対して、殆ど自ら一人で立てたと言

われます。

河井継之助も、長岡藩の作戦計画をほぼ一人で分担していたように思います。しかも今市の戦

いや、長岡城奪還に見られるように、戦術的にも非常に優れています。 また、戦の指揮の仕

方も似ているところがあります。

謙信は、後方の本陣に座り動かないで指揮するのではなく、戦の前面へ出て戦っています。継

之助もやはり、2度の負傷でも分かるように結構前線でも指揮をしています。

2 筋を重んじた為に体制維持の活動をした

 謙信は、将軍や朝廷の権威が亡くなっているにも係わらず、懸命にそれを支えようとします。

時代遅れかも知れませんが、世の乱れは将軍を中心として立て直すべきだと考え、そのため相

当無理をしてまで、2度も上洛しています。損得で考える人ならば、とてもやらないでしょう。

現体制(幕府)を維持する方向で、筋を通すべく活動しています。

継之助も戦争に踏み切ったのは、藩主の意向等もありますが武士の意地を貫くことだと思われ

ます。幕府はなくなるということを、十分分かっていたにも係わらず、、結果的には藩の枠組

みから出ないで、現体制を維持する方向で活動する事になります。

3 読書の仕方

 継之助の読書の精読は有名で、肝心の所は、2度3度と繰り返し読んだり、また、よく書き

写しています。

謙信の読書はよく分かりませんが、国主の座を捨ててまで仏門に入ろうとしたこと等もあるよ

うに、武将であると同時に禅僧でもあります。禅宗の教えを、何度も何度も読み唱えたに違い

ないでしょう。精読に似ているのではないでしょうか?

4 活動的である

 謙信は、2度の上洛や連年の関東出兵等、実に広範囲にしかも活発に活動しています。

継之助も、当時の長岡藩人としては、江戸への遊学・東北・備中松山・西国旅行等広範囲に活

動するとともに、藩政に参画してからも広範囲に活発に活動しています。

 以上似ているところを書きましたが、違っているところもあります。謙信は、妻帯もせず禅

僧のような自らを厳しく律した生活を送ったのに対して、継之助は、ご承知の通りの遊び人で

す。この辺は決定的に違います。(^_^; 

 河井継之助は1850年春24才で、梛野嘉兵衛の妹すがと結婚します。

一説によると、継之助の女遊びが高じたために、両親が結婚でもさせれば少しは落ち着くだろ

うと思ったとか・・・。そんなことをされると、継之助は返ってへそを曲げそうなのですが、

そうでもなかったようです。やはり、それなりに妻のすがを気に入っていたのかも知れません。

すが16才の時です。

 しかしながら、戊辰戦争以後、すがには非常に過酷な運命が待っています。

継之助の父や母と共に新政府軍に捕らえられ、高田の牢屋に入れられます。牢屋に入れられた

という極限状態の中で、夫の死を聴くことになります。

8ヶ月の後にようやく牢から出て、父や母と共に会津へ行き、継之助の遺骨を持ち帰り、長岡の

菩提寺の栄涼寺へ弔います。しかしながら長岡の人々は、継之助を戦争犯罪人として許さず、

家族にまで中傷と罵声を浴びせます。中傷は収まらずに、翌年も更にその翌年も、続いたと言

われます。そのような中で、父の代右衛門は、精神的に苦しみながら死んでいきます。しかし

ながら、それでも中傷や嫌がらせは止むことが
なかったようです。ついに、すがも母を連れて

明治5年に、長岡を離れ北海道の江別へ移るこ
とになります。

 雪明かり 吐く息つらし わが病

 これは、すがが病の床で詠んだ歌です。病気は肺結核でした。

明治27年、河井すがは、北海道で61才の生涯を閉じます。

明治22年に明治政府は、戊辰戦争で賊軍と呼ばれた多くの獅子たちに恩赦を与え、継之助の賊

軍の汚名は消え去ったのですが、すがは長岡へ帰ろうとはしませんでした。

その遺骨はしばらくして、長岡へ移し、菩提寺の栄涼寺に継之助と共にあります。




目次へ戻る