山上城

所在地  桐生市新里山上   新里中学の近くになります。
見学日  2011年2月20日 

 源平の頃、足利成行の孫がこの地に住んで山上氏を称したと云われ、山上氏は源頼朝に仕え代々この地を領した。戦国時代の始めの頃には、山上氏は東上州四家の一つと数えられるようになる。
弘治元年(1555)山上氏秀は、北条氏康に山上城を奪われて浪人したという。
1590年の小田原の役では、豊臣軍を誘導して関東諸城攻略に功があったと云われます。

    山上城は南北に一直線城に曲輪が並ぶ城です。
写真は城の南側の端から北を見たところです。
小さいですが真中の木を刈っている段々が山上城です。
    山上城は公園となっています。三の丸のすぐ下(南側)に駐車場があります。そこを登ると写真の三の丸で2段になっています。
    二の丸西側の土塁と空堀です。
    一段高くなっているところが本丸です。その北側にさらに北曲輪があります。北曲輪の北にはさらに土塁があります。
    城の西側の空堀から曲輪(多分二の丸)をみたところです。
    南曲輪の南側ににある一段と高いところで、多分見張り台などがあったところでしょか。

参考  「群馬の古城」(山崎一著 あかぎ出版) 

城の目次へ戻る 

トップへ戻る