那須神田城

所在地  那珂川町三輪字要害
見学日  2015年3月21日 

 方形館跡で、遺構が良好に残っているため国指定の史跡になっています。
那須氏の祖、須藤権守貞信が那須の守護を賜り本拠の那須の城を神田の城と名付けたのが始まりと伝わる。
12世紀前半には築かれ、那須氏の初期の居館であった。出土土居物からは12世紀後半まで機能していたと思われる。
神田城とよばれているが、長方形の単郭式の居館跡である。
伝承によれば、源平合戦の屋島の戦いで扇の的を射た那須与一はこの城で生まれたとも云われる。

    北側の土塁にある登り口です。土塁の高さは約5メートルです。北側の堀には、少しですが水が流れていました。
水が流れているのは、この北側だけでした。
    上の写真の登り口を土塁上から見たところです。土塁は西側の一部が住宅地になっていますが、その他は良好に残っています。
    北側の土塁の上で、東側から西側を見たところです。北側土塁の西端には写真のように神社があります。
神社のあるところが空堀では一番深そうに見えましたが、藪状態で入ることは出来ませんでした。
    東側の土塁中央付近に門があったといわれ、土塁がそこで切れています。しかし、「とちぎの古城を歩く」では、発掘調査により後年に開かれたものと確認されたとあります。
写真はそこから少し進んでみたところです。右側の土塁が、城の東側土塁、正面が北側の土塁です。
郭内の広さは、東西約66メートル、南北約117メートルの広さです。
    北側の堀です。
一番上の写真の場所から堀を見たところです。写真のように水が流れています。

参考  現地説明板等  「とちぎの古城を歩く」(塙静夫著 下野新聞社) 

城の目次へ戻る 

トップへ戻る