安田城

所在地  富山市婦中町安田   安田城跡資料館が城の隣にあります。
見学日  2009年9月13日 

 安田城は、天正13年(1585)、全国統一を目指す羽柴秀吉が越中の佐々成政を攻めた際、秀吉の本陣となった白鳥城の支城とされています。前田利家の武将の岡島一吉が城主になった後、代官の平野三郎佐衛門が居城しましたが、後に金沢へ帰還し、廃城になったと伝えられています。
ただし前田軍がここに陣城を築く以前にも、在地の国人の館又は城があり、それを利用して陣城が築かれたと考えられています。
安田城跡のように保存状態がよく、全体像が分かる平城は多くありません。全国的にも貴重な事例として、昭和56年に国の史跡に指定されました。
以上の文章はHP安田城跡(富山市埋蔵文化センター)の文章から引用しています。

 

    安田城跡資料館から安田城を見たところです。陣城としては、珍しい低地にある城です。
    安田城は、本丸、二の丸、右郭の3つの郭からなる城です。写真は右郭から見た、二の丸(右手土塁)と本丸(正面)です。
    写真は、本丸から見た二の丸です。二の丸は土塁で囲まれていますが、本丸方向にだけは土塁がありません。
    写真は本丸の土塁の上から本丸を見たところです。安田城は、堀を含めて東西約150メートル、南北約240メートルありあす。
    安田城の本丸の土塁の上面は、大変幅の広い土塁です。

参考 HP安田城跡(富山市埋蔵文化センター  

城の目次へ戻る 

トップへ戻る