上狭川城

所在地  奈良市狭川東町    看板等も無く、城に入る道が大変分かりにくい場所にあります。
見学日  2011年5月26日

 城の近くで地元の方に場所を聞きました。その方の家のすぐ裏手に登り道があるということで近くまで案内していただきました。
狭川氏一族の狭川福岡氏の城です。詳しいことは分かりませんが、戦国期は筒井方と松永方に属していたようです。規模の小さい城です。
日本の名城都道府県別ベスト10(歴史読本2009年5月号)では、奈良県の第10位になっている城です。

    左手に登って行く道が城へ行く道です。写真の手前、右手は民家になっています。
道を登って行くと、途中2手に分かれる個所が2か所ありますが、どちらも左側に進みます。私が行った時には、道に立つ木に目印の紐が結んでありました。
    ネットで、ブログ「気分はコクジン」にある立体縄張り図を参考にして登りました。この縄張り図では、南側から登ることになります。
写真は主郭の南側にある2郭です。この曲輪は、土塁も無く平らに削平されているものでした。
    主郭へ入る手前の虎口です。土橋になっています。
この城はこの南側の虎口が見どころの一つになっています。
    主郭を取り巻く土塁です。主郭の西北に小さな神社があります。
主郭を取り巻く土塁は、一周全てが残っています。
     やはり虎口で、土橋になっています。
この城は、主郭は遺構が良く残っています。

参考 ブログ「気分は国人 」

城の目次へ戻る 

トップへ戻る