萩城           


見学日 2002年6月2日 早朝単独
所在地 山口県萩市

 安芸の宮島・津和野・萩の旅という団体旅行のツアーに参加しました。萩城は観光コースに入っていませんでしたので、萩に宿泊した翌日の朝食前の早朝、ホテルからタクシーで行きました。山の上の詰めの城までは行けませんでしたが、1時間程見学出来ました。このツアーですが岩国・津和野なども廻りましたが、城下町の観光コースなので、お城を見ている時間が無かったのが残念です。
 毛利氏の関ヶ原合戦後の居城である。指月山の山頂が詰めの城であり、麓に本丸二の丸があります。

 二の丸南門の枡形、比較的大きな石で造られている。ここから入ると、二の丸の土塁(表側は石垣)が続くが、城の内部に面する土塁の傾斜は非常に緩い。
 天守台跡、右側に見えるのは天守閣の付き櫓台の石垣です。
 天守台の礎石。上の写真の付き櫓台にも礎石が残っている。
 昭和40年に一部復元した、二の丸の土塀。

参考 現地案内板等



城の目次へ戻る